FC2ブログ

呆れるほど遅いHDDをSSDに換装しよう Crucial MX500 SSD

2020/12/13
うちのメインpcは電源ボタンを押してからデスクトップ画面になるまで平均7分とゆう呆れるほどの低速ぶり、なぜかといいますと未だにHDDだからなのです

今までめんどくて放置してましたが今回やっと重い腰を上げssd化を施行しました
今回使うのはCrucialのMX500です、500GB
s-s-IMG_4390.jpg

手順はCドライブをクローンしてHDDと入れ替えるだけ
バックアップソフトでクローンを設定して待つだけ、ただ結構かかるけど

にしてもssdって軽いよなぁ、スマホよりかるい
s-s-IMG_4391.jpg

ssdは基本3.5インチしかないのでブラケットで設置する
s-s-IMG_4393.jpg

ちゃんとsata接続のssdとして問題なく認識
電源投入2回!使用時間4時間!正真正銘の新品です
s-s-SnapCrab_NoName_2020-12-13_17-21-54_No-00.jpg

↓ディスクマークの結果↓
SnapCrab_CrystalDiskMark 800 Shizuku Edition x64 [Admin]_2020-12-13_21-48-12_No-00

当然500GBだけじゃたりなさすぎるのでもう1台usb接続していたssdをフォーマットしてsataで繋げました
s-s-SnapCrab_CrystalDiskInfo 703 Shizuku Edition_2020-12-13_17-51-38_No-00


起動は約1.5分で完全起動するようになりました、やっぱssdの破壊力恐るべし
さっさとやっときゃよかった

ちなみにこれが今まで付いてたHDD
s-s-IMG_4397.jpg
スポンサーサイト



comment (0) @ ガジェット

sony NC完全ワイヤレスイヤホン WF-1000XM3

2020/12/05
数年前にAirPodsが出てからお出かけイヤホンでは完全ワイヤレスが主流になりつつある今日このごろ

完全ワイヤレス&ノイズキャンセリング否定派だった自分も最近興味が湧いてきて完全ワイヤレスに足を踏み入れることに、今回はAirPods Proといい勝負な人気を誇るWF-1000XM3を購入しました

実は先月にヤマハのTW-E7Aを買ってみたのですが作りが甘く微妙だったので店頭では未だに在庫不足なとこが多いWF-1000XM3を選びました
TW-E7Aは音は良いんだけど接続の安定性や充電ケースに至るまで全体的に作り込みが甘くて快適に使用できなかったのです

ソニーのワイヤレスイヤホンの中では最上位クラスなだけあって箱は立派です
s-s-IMG_4365.jpg

横から引っ張り出す方式です、開けるとスタートガイド的なやつがまず現れます
s-s-IMG_4368.jpg

そのクイックスタート的なやつをめくると本体と充電ケースが現れます
海外メーカーによくある保護フィルムやビニールに包まれてるってのはナシ
s-s-IMG_4369.jpg


ブラックを選択しましたが充電ケースの蓋はブラックもシルバーもゴールドで統一されているようです
ここは好き嫌いが分かれるところ
s-s-IMG_4370.jpg

ケースは本体を3回分充電できるだけあってやや大きめ
NFCを使用したワンタッチ接続?にも対応しているようです
s-s-IMG_4372.jpg

こいつ自立しないんですよね、そこだけちょっと不満
あと充電はタイプCで底のほうにあります
s-s-IMG_4373.jpg

接点は3ピンです、直ぐ側に磁石がありケース内で本体が離れて充電が止まるのを防ぎます
この磁石がすごく強力です!、半分ほど本体を入れると磁力で吸われて行きます
s-s-IMG_4377.jpg

これが本体です
完全ワイヤレスのなかではそこそこな大型筐体になります、sonyロゴの横にあるポッチはノイズキャンセリング用のマイク穴です

ツルツルで丸くなってるところをタッチすると簡易的な設定変更やペアリング操作、メディア操作が可能です
左右で2個の入力しかないので覚えきらんほどタッチパターンがあります、とりあえず再生・停止と音量操作、ペアリングの操作は覚えた
あと何個かあるらしいがしらん
s-s-IMG_4378.jpg

人間工学的デザインで大型ながら装着感は結構安定しています
密着性も上がりNCの効きも良くなりいい感じ
s-s-IMG_4379.jpg

後ろ側にはセンサーが付いていてイヤホンを耳から外すとAirPodsみたく再生を自動停止します
s-s-IMG_4380.jpg

充電は本体とケース込みで3.5時間でフル充電になります
本体だけの充電時間は1.5時間で連続稼働時間は6時間(NCオン時)と結構持ちます
ケースでも3回分充電できるので合計24時間も稼働します、すごい

ちなみにノイズキャンセリングやDSEE HX・イコライザーなど余計な機能をカットすると合計32時間もの稼働時間を誇ります
s-s-IMG_4382.jpg

使う前に7種類も付いてる付属のイヤーチップはどれも微妙なので社外のフォームチップを付けましょう
密着性が上がることでノイズキャンセリングがより一層効くようになります
s-s-IMG_4385.jpg

ちなみに背の低いフォームチップにしないとこうなっちゃうぞ注意
s-s-IMG_4386.jpg

さて使用感
まず久しぶりに使ったノイズキャンセリングに感動しました、こんなに効くもんだったっけかってくらいよく効きます
トラック内で使っていてもアイドリング音がほぼ聞こえなくなるくらい効果を感じました

音質は…「あぁソニーだな」って感じです、ソニーのハイレゾヘッドホンみたいな味付けです
DSEE HXはハイレゾウォークマンで聴いて知ってるのでアレですが宣伝ほどの効果はないです、MP3でもハイレゾ級はさすがに無理がある

音域がとても広く音圧もかなりあってヘッドホン級の迫力を感じました、定価2.5千円の価値はあると思います
あと接続はBluetoothとゆう規格は相性があるので「こんなに高いのに接続が遅い」ってのは間違いです、少なくともうちのipadproとp30liteは耳に装着したら即座につながっています

あ、アダプティブサウンドコントロールはゴミやったです、いらん
comment (0) @ ガジェット